→ HOMEへ




※税込価格 5,250円

※税込価格 4,200円


※税込価格 6,300円


※税込価格 8,400円



仏式

 

表 書

様 式

時 期

葬儀・告別式

供え物

[弔問者からのお悔やみ]
●金封の場合
・御香料
・御香典
・御仏前
・御霊前
●品物の場合(供物・供花等)
・御供
・御仏前

金封は黄/白、黒/白、銀/白の水引を用い結びきりにし、先は切り揃えます。金封以外の供え物は黒か白のリボンをかけて、名刺か小さな名札をつけます。

●金封の場合
葬儀、又は告別式の当日に持参します。
●品物の場合
通夜に供える物は当日のお昼頃まで、 葬儀に供える物は前日にと、なるべく早く届けるようにします。

祭場供養
(山菓子)

[喪主からのお礼]
・供養
・粗供養
名書きは喪主の姓を書きます。

金封は黄/白、黒/白、銀/白の水引を用い結びきりにし、先は切り揃えます。品物により黒枠付き封筒を用い、水引の様式を略することがあります。

当日一般 会葬者に配ります。

忌命日の供養

初七日忌
(死亡の前日から数えて7日目)

[参列者からのお供え物]
・御供
・御仏前

[遺族からのご返礼]
・初七日の志
・今日志
・志
・粗供養

金封は黄/白、銀/白の水引を用い結びきりにし、先は切り揃えておきます。

※満中陰志(永代粗供養)を配る場合「挨拶状」を添えることが多くあります。また、満中陰志を用いず、故人の名を記した差し紙を作り忌明志とすることもあります。(京都)

[お供え物]
当日に供えます。

[ご返礼]
当日、又はその後なるべく早く届けるようにします。

[お香典返し]
七七日(又は五七日の忌明)に配ります。なお忌日より数えて七七日が3ヶ月にわたる時は、五七日(35日目)を取越満中陰とすることがあります。(京都は忌明前に配ることもあります。)

二七日忌(同14日目)

[遺族からのご返礼]
・二七日の志
・今日志
・志
・粗供養

三七日忌(同21日目)

[遺族からのご返礼]
・三七日の志
・今日志
・志
・粗供養

五七日忌(同35日目)
※忌明とすることもあります。

[遺族からのご返礼]
・五七日の志
・今日志
・志
※満中陰志

七七日忌(同49日目)
忌明(満中陰)

[遺族からのご返礼]
・満中陰志
・永代粗供養
・七七日忌明志

百か日忌(同100日目)

[遺族からのご返礼]
・百か日の志
・今日志
・志
・粗供養

[お供え物]
当日に供えます。
[ご返礼]
当日、又はその後なるべく早く届けるようにします。

年忌の供養

一周忌
(死亡当日より数えて満1年目の祥月命日)

[遺族からのご返礼]
・亡 ○○○○ 一周忌志
・粗供養

金封は黄/白、銀/白の水引を用い結びきりにし、先は切り揃えておきます。

当日、又はその後なるべく早く届けるようにします。

三回忌
(同満2年目の祥月命日)

[遺族からのご返礼]
・亡 ○○○○ ○○回忌志
・粗供養

七回忌
(同満6年目の祥月命日)

十三回忌
(同満12年の祥月命日)

●十三回忌を過ぎると、以後は十七回忌・二十三回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌・百回忌と続きます。
 一般には三回忌・七回忌・十三回忌の法要を盛大に行うことが多いようです。
※ここに掲載いたしました内容は、一般的な例で、地方や習慣・宗教などによって異なる場合があります。

【おねがい】
◎同一商品でも色・柄・内容・価格など変更させていただく場合がございます。
 ご注文の際には、商品ご確認の上、ご用命下さいませ。
◎価格には消費税は含まれておりません。お支払の際、別途お預かり致します。
◎挨拶状・年賀欠礼葉書の作成も承ります。お気軽にご相談くださいませ。

【お電話でのご注文・お問合せは】
TEL フリーダイアル0120-26-7000
  
     または0776-57-7777
FAX
フリーダイアル0120-29-1872
    
  または0776-57-7070

【かゞみや各店鋪のご案内は】
こちらからどうぞ

 


|HOME|